冷凍食品は実は効率的?

コスト面における冷凍食品のメリットとしては、やはり、その費用対効果にありますね。(笑顔)例えば、お弁当のおかずにハンバーグを作るとしますよね。この場合、挽肉などの材料を購入します。そして調理しますよね。ここで重要となるのが、挽肉の量になります。ワンパック50gくらいで売っている場合は、それで小さいハンバーグを作ることが可能です。しかし、実際には、なかなかそのような小出しの商品はありません。(汗)挽肉100gパックを購入します。それでお弁当用のハンバーグを作る場合、かなり材料が余ってしまと言うことになります。(汗)余った材料は、冷蔵庫で保存することになりますが、挽肉は、傷みやすいですよね。また、直ぐに変色してしまいます。(汗)ですから、使う上で抵抗が生まれてしまいますよね。冷凍保存した場合も、同じです。(汗)。その点については、冷凍食品の場合、一度使用した商品を冷凍庫に入れておくことで、何も変質させることがありません。また、次の週にも使用できますよね。このように非常に高いコストパフォーマンスが発揮されます。(笑顔)しかも、スーパーなどでは、かなり安売りされることが多いですよね。ですから、非常に安価での購入が可能です。それと場合によっては、手作りするよりもかなり安く揃えることが出来ますよね。(笑顔)。冷凍食品は、物持ちが良いというだけではありません。冷凍食品は、価格においても大きなメリットとなる商品なのですよ。(笑顔)