女性が薄毛になる原因とは?AGA遺伝子検査キット

男女に限らずいえることですが、髪が薄くなる原因は人によって異なります。

また、女性と男性とでは原因が少々異なります。

女性が薄毛になってしまう主な原因はいくつか挙げられます。

中でも最近多くなってきているのが、ヘアケア製品の使用によるものです。

ヘアケア製品というとムースやスプレーなどの整髪料からシャンプー、トリートメントなどさまざまなものがありますが、これらの製品に配合されている髪の質感をよく見せるための成分は化学的につくられたものが多く、髪や頭皮に少なからずダメージを与えてしまうのです。

また、髪質は一人ひとり異なりますが、自分の髪質に合わないヘアケア製品を使用することも薄毛の原因となることがあります。

できるだけ抜けてしまう毛を減らして、元気に生えてくる髪の毛を増やすためには、頭皮の乾燥を改善しなければなりません。

目安として、頭皮が乾燥してフケが出ているなどがあれば、お手入れや生活自体を改善しましょう。

注意すべきは、頻度の高いシャンプーや、忙しい朝の洗髪は、頭皮の乾燥を招くので、極力控えましょう。

また、他にもストレス、寝不足も乾燥を引き起こします。

頭がはげるのは遺伝だとよく言いますが、先に予防をすることは可能だと言えるようです。

M字ハゲの家族がいますので、ネットや書籍で自分なりに調べてみると、禿げる前にヘアケアをすれば、多少なりとも予防が可能だと知ったのでした。

それと、使用するシャンプーは石油系ではなく、アミノ酸系の石鹸がオススメみたいです。

育毛のために漢方薬を使用している方がよくいます。

生薬が配合されていることも珍しくはない育毛剤ですが、漢方を飲むことで、そもそもの体質など、体の内面から生薬が働きかけることによって育毛へと繋がるでしょう。

漢方薬の特徴は、その人の体質に合わせて出してもらわなければ意味がなく、すぐに効果が目に見えてわかるのではないため、ゆっくりと成果を待ちましょう。

皮膚科で行われている薄毛治療のひとつで注入療法(点滴)があります。

皮膚科治療専用のストレスの少ない極細の針を使用し、混合液(男性の場合は主にミノキシジル)を頭部にゆっくり注入していくため、個人の代謝の差による効果ムラも出にくく、効果がわかりやすいという評判です。

同じ注入方法でも注射と比べると、準備や注入にかかる時間が長いので、価格も高めです。

身体のケアに関する事も、意外と知られていませんが薄毛を促進することがあります。

AGA遺伝子検査キットの本気体験談一覧【写真付き】


通常は100%自費になるため、医院によって価格設定が異なります。

使用する部位によって量が変わると値段も変わるので、事前に調べたほうが良いでしょう。

そのかわり、内服のように体内で代謝されることがないため内臓に負担がかからず、副作用が起こりにくい点も点滴治療の長所と言えるでしょう。

ミノキシジル使用時に気になるガンコなニキビについても、薬を処方してもらえるのでトータルで考えると価値があるかもしれません。

アロマは女性からの人気が高いですが、育毛に適しているとされるハーブも数多くあるので、髪を育てるのに使ってみると良いでしょう。

育毛剤や育毛シャンプーの中にはハーブが配合されているものもたくさんあるのです。

また、自作することもできますし、質の良いエッセンシャルオイルを購入して使ってみるのも良いでしょう。

元気な髪を育てるには亜鉛が必要です。

育毛に必要だからと言って亜鉛の摂取を食事で行おうとしても、体内への吸収が高くないため、比較的困難でしょう。

食事で亜鉛を含む食べ物を取り入れることばかりでなく、加工食品の中には亜鉛の吸収を妨げるものもありますので、食事から除く必要があります。

AGA遺伝子検査キットと言うものも存在します。

髪を元気にしたいのだったら、サプリでの亜鉛摂取は手軽で、確実です。

最近は、育毛家電と呼ぶべき高機能な家電が続々と販売されていますが、試しに買ってみるにはあまりに高額で、ハードルが高いというのが多いでしょう。

育毛のためになるだろうと思っても、最初から高価な家電に挑戦するのはハードルが高いので、まず、気軽に始められるドライヤーから替えてみてはいかがでしょうか。

性能や効果など、必要に応じたものを選ぶことで、頭皮環境の改善に繋がります。

一般的にM字ハゲという症状は、専門的な言い方としてはCMで有名になったAGAという男性型脱毛症のことになります。

この症状は、主に男性ホルモンの作用により引き起こされるというとても遺伝的な要素が強い脱毛症です。

現在、AGAにおいては原因はちゃんと解明されているので、AGA治療専門のクリニックで受診すれば、薄毛にきちんと効果をもたらしてくれる治療を誰でも受けることができるのです。

病院に頼らず自力でAGAを治療することは、可能ではあるものの、出来ることは限定的です。

植毛は医療行為ですし、超音波やレーザーなどを使用して有効成分を毛根に注入する技術もそれ専門の医師がいないと不可能ですが、薬の内服や外用薬の利用に限定すれば、自分で海外の業者から個人輸入で手に入れることで通院や検査もなく自力で治していくことができます。

また、高価な先発医薬品でなくジェネリック薬を使うことにより、病院を介するより確実に割安な出費で済むのが特長です。

このあいだのテレビ番組で、まだ年も若いのにAGAの悩みを抱えている男性の植毛レポートを見ていました。

途中までは高いお金を使ってまで毛を増やしたいというものなのかな?と少し否定的にも思っていたのですが、満足気な表情を見ていると、あって当たり前だったけれど髪の毛はやはり大切なんだ、と考え直したのでした。

代表的な肌トラブルといえば、かゆみやニキビ、炎症です。

これは頭皮も同様で、育毛剤の刺激が強いと先に挙げた肌トラブルが出てくる可能性があります。

効き目がある育毛剤ほど副作用が出やすいと放置している人もいますが、育毛治療になるどころか発症した肌トラブルが進行して頭皮にダメージを与えてしまうでしょう。

もし肌トラブルを抱えてしまったらすぐに育毛剤の使用をやめるようにしましょう。

育毛とか発毛の悩みを感じている人はたくさんいると思いますが、たとえ、同じ育毛剤を利用していても成果に違いが出て来るのは明らかなことでしょう。

体質などが多大に影響しますが、日々の習慣などにも、強く関係してくるのです。

試しに本人の生活を再検討されてはいかがでしょう。

髪の毛の成長と歩くことは関連性がないと考えられるかもしれませんが、歩行をすると毛髪の成長が促進されるでしょう。

十分な運動を行っていないことも髪の毛が薄くなっていく理由の一つであると言われていて、歩行のように軽く体を動かすような運動を習慣的に行うことで、血流が促進されて質の良い毛髪促進がおこりやすくなります。

手軽にスタートできる活動になりますので、是非お試しください。

細胞再生因子などとも呼ばれるグロースファクターは、育毛に大きな効果があるとされて、育毛剤に使われたり、毛髪再生治療として、頭皮に注入されたりするようになりました。

これを利用した方法は、男女関係なく、薄毛改善に高い効果を示すことがわかってきています。

その仕組みとしては、薄毛の直接的な原因となる、再生因子の不足という点にスポットを当て、それなら、不足分を頭皮に直接補うことで発毛を促そう、というのがこの治療法です。

この画期的な治療法は、発毛効果が高く、またほとんどの人に効くというメリットがある一方、少々残念なことに、治療をやめると効果がなくなってしまうので、継続しなければなりません。

ですから、相当の費用が掛かってしまいます。

この方法の大きな欠点と言えるかもしれません。

食事によって髪質は左右されるので、髪の毛を強く美しくしたいのならば食事の際の栄養バランスに気を遣いましょう。

栄養素を偏りなく摂取した上で、髪のための必須アミノ酸やビタミン、ミネラル、そして良質なタンパク質を多く含んだ食べ物を多めに摂るようにすると良いでしょう。

なお、大豆製品はこの栄養素の中でもビタミン以外の栄養素がすべて含まています。

大豆に含まれるイソフラボンという成分は髪の抜け毛を抑える効果が高いです。