思春期のニキビの原因は成長ホルモン?

思春期ニキビの原因は、成長ホルモンにあります。
思春期は成長ホルモンのバランスが崩れるので、皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
毛穴に皮脂が詰まりやすい状態になります。
思春期にニキビができてしまうと、すごく悩んでしまいます。
成長とともに、皮脂の分泌が落ち着いてくるものだからです。
原因は、成長期にある人に特有の、成長ホルモンが原因ですから、成長しきってしまって、ホルモンバランスがふたたび安定すれば、もう原因は解消されるわけです。
もちろん、ニキビができたらケアは必要ですが、それほど神経質になる必要はありません。
清潔が保たれないと、炎症がひきおこされて、ニキビができてしまうからです。
皮脂を落としすぎてしまうと、乾燥してしまうので、肌が皮脂を過剰に分泌させてしまいます。
思春期ニキビなんとかしたい?