犬のローン審査が通らない時は?審査に落ちた場合は?基準が緩いのは?

ペットローンとはペットショップなどで動物を購入する場合に利用されるローンです。

人気があって比較的安いといえば柴犬ですが20万前後が相場ですしトイプードルやロングチワワになると、相場は30万前後となります。

人気の猫種もアメリカンショートヘアーやスコティッシュフォールドは20万円から28万円が相場でブリティッシュショートヘアーは30万前後となっています。

更に血統書の有無やブリーダーによっても価格が大きく変わることがありますのでペットショップで犬や猫を飼う場合は日常生活の中では決して安い買い物ではないのです。

ペットを家族に迎えるということは、ビビッときた子と出会った時が運命なのでよそ様の家の子になってしまう前に、ペットローンを有効に活用しましょう。

ペットローンという商品を扱っている金融機関はまだ少ないですが多目的ローンといった名称で対応している業者は多いです。

融資してくれる金融機関には銀行や信販会社、消費者金融がありますが、総量規制がある消費者金融は、無職の人は申込むことができません。

銀行は総称規制の対象外なので無職の人でも融資を受けることはできるのですが、申込資格に「安定かつ継続した収入があること」と条件付けされている場合が多いです。

信販会社のショッピングローンはどうものかというと、ペットローンの場合はペットの購入代金を信販会社が立て替えて支払う仕組みになっています。

この場合、直接現金をやり取りするわけではありませんので審査のハードルは高くないように思われますがショッピングローンも申込資格には「安定継続した収入」が必須なっている場合が多いです。

パートやアルバイトなどの非正規雇用の人がペットローンを組む場合には制限を受けることがありますから注意してください。

どの金融機関でも確実に返済してもらう判断基準として「安定かつ継続した収入」が条件になりますので勤務期間は最低でも1年以上継続していることが望ましいです。

雇用形態や年収については、イオン銀行では前年度年収が200万円以上という条件がありますがスルガ銀行の場合は年収制限はなく、アルバイトでも申し込むことができます。

信販会社ではオリコがペットローンに利用可能な多目的プランという商品がありますが満20歳以上で安定した収入があれば、アルバイトでも申し込みは可能です。

消費者金融だと、ペットローンというローンはないのですがプロミスの目的ローンなら、収入の1/3以内ならアルバイトでも融資を受けることができます。

銀行と消費者金融にはローンの提供がありますが消費者金融だと総量規制が適用されます。

ですから、パート主婦の場合は年収の1/3以内でしたら消費者金融でローンを組むことができますが、専業主婦の場合は年収がないので、消費者金融から融資を受けることはできません。

銀行のローンは総量規制の適用外なので専業主婦でも利用することができますが、ペットローンは、必ずしも借り入れできるとは限りませんので注意が必要です。

スルガ銀行の申し込み資格には「安定した収入がある方」という条件がついており条件によっては収入確認資料の提出を要求される場合があります。

イオン銀行もペットローンを扱っていますが、年金受給者や学生、専業主婦、無職の人は申し込めませんから専業主婦の方は、夫の名義でローンを組みましょう。

三井住友フィナンシャルグループのセディナにはペットローンはありませんが総合目的ローンという商品を利用することができます。

セディナの総合目的ローンは、大きい額の資金を調達しなければいけないようなときに利用出来るローンになっています。

ペットショップから発行される見積書などがあれば動物の購入にも利用できます。

申込条件は満20歳以上で、安定継続した収入があり、原則として勤続年数が1年以上の人と規定されています。

貸付金利は7.8%から11.8%と低めに設定となっており、返済期間は最長5年(60回)、しかも担保や保証人不要ですから安心して利用することができますね。

ペットローンがある金融機関等は数多くありますがローンを利用する場合には必ず利息を加算する必要があります。

一般的に金利が低いとされている順だと、銀行、信販会社、消費者金融という並びになり審査は金利が低くなるほど厳しくなります。

銀行ペットローンの金利を例にあげてみますと、イオン銀行は年3.8%から年8.8%、スルガ銀行の場合は年2.5%から年7.5%となっていますがオリコの多目的プランだと年6.0%から13.2%ですから銀行よりも高い金利なのです。

消費者金融のプロミスだとペットローンはないので、目的ローンという商品になり金利は通常のカードローンよりも1.0%ほど低めですが年6.3%から年16.5%と一番高くなっています。

最大限度額はイオン銀行が700万円、スルガ銀行は800万円と高い金額ですが、消費者金融のプロミスの場合は300万円程度で、総量規制も適用されます。

ペットも生き物ですからケガや病気になる可能性は十分にありますが人間のような医療保険制度は未成熟だったりします。

ですからちょっとした治療でも全額実費となりますから数万円の治療費はざらにあると覚悟しておかなければいけません。

ペット保険が普及しつつありますが、掛け金が高額なのに対し給付金が少額だったり請求手続きが複雑などなかなか請求できないなど実用的でない保険が数多く見受けられます。

又、ペットが若いうちは健康なので保険のお世話になる心配は少ないのですからペット保険はまだ入る必要はないとと感じる人も少なくないと思います。

近頃は、転ばぬ先の杖として保険の加入を検討するよりも転んだ時の対策としてペットローンでまとまったお金を用立てるという人も多いようです。

スルガ銀行は関東ではあまり馴染がないかもしれませんが実店舗は5大都市圏に展開している沼津市指定金融機関です。

銀行ではペットローンは多目的ローンで対応している場合が多いのですがスルガ銀行はペットローンを独立したローンとして商品化している数少ない銀行です。

スルガ銀行の犬のローン(ペットローン)は、借入限度額が最高で800万円と高額にもかかわらず年利が2.5%から7.5%と低く設定されており、最大120回払いと大変良心的なスペックになっています。

参照:http://www.cardloan-senyou.com/osusume/%E7%8A%AC%E3%81%AE%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E5%AF%A9%E6%9F%BB.html

インターネットで全国どこからでも申込でき来店する必要もありません。

申込資格は年齢が20歳以上65歳未満、完済時年齢が70歳以下である人で安定・継続した収入があることが条件になっています。

住宅ローンやカードローンに融資を許可するかしないかの審査があるようにペットローンを組む場合にも当然審査はあります。

ペットローンは銀行や信販会社などで取り扱っていますが審査が厳しくハードルが高いのは銀行のペットローンです。

銀行のペットローンはペットショップで提供している信販会社のローンよりも低金利なため人気がありますが金利が低いほど審査が厳しくなるという傾向にあります。

滞納せず返済してくる人であれば安心して貸すことができるので見返りとして低い金利で融資してあげますよという事なのです。

審査の難易度は、銀行のペットローンが一番難しくその次は信販会社のペットローンのようです。

ペットローンを考えているけど年収が低くて審査に通るか自信がないなどなかなか踏ん切りがつかないという人も多いのではないでしょうか?ペットローンを申し込むには「安定かつ継続した収入があること」とされている場合がほとんどで明確な年収制限があるのはイオン銀行くらいです。

ペットローンでは収入があれば非正規雇用でもOKというローンが多く年収よりも、安定かつ継続していることの方が大切なようです。

もちろん、年収は多い方が有利なことに変わりがありませんがそれよりも勤続年数が3年以上ある事の方が評価は高いかもしれません。

他にも、過去にローンの滞納がないか?自己破産歴がないか?など、金融事故歴のほうがよっぽど審査の障害となります。

ペットローンは動物を購入するためのローンになりますが借金をすることに変わりありませんので一般のローン契約を結ぶことに変わりはありません。

ですから、所定のローン審査を受けて承認されない限り気に入った子を見つけてもペットローンを利用することはできません。

ペットローンに落ちたことで、気にいった子をお迎えできなかったという話を聞くことがありますが審査に落ちたという人は、何らかの原因が必ずあります。

これまでに自己破産や滞納歴があったとか携帯電話の支払いを忘れたことがあったりすると、信用情報に傷がついている可能性があります。

その他にも、数社からカードローンを借りているとか申込時に通りやすくなるよう嘘の申告があった場合は問題外です。

ペットローンを提供している銀行は少なくほとんどの場合で目的別ローンというローンで対応しています。

スルガ銀行やイオン銀行にはペットローンの提供があり、信販会社のペットローンよりも低金利で利用することができます。

イオン銀行は最高借入金額は30万円から700万円で金利は年3.8%から年8.8%、借入期間は1年から8年まで、繰り上げ返済手数料は無料となっています。

一方で、スルガ銀行のペットローン金利が年2.5%から7.5%、最高借入金額は800万円、借入期間は最大10年可能で、繰り上げ返済は無料です。

銀行のペットローンは低金利で限度額が高いのが非常に魅力的ですがそれだけ審査が厳しく高い信用力をもっていないと審査に通ることはできません。

オリコにはカードローンや目的別ローン、キャッシングなどがありますが中でもオリコのオートローンは業界のトップの地位を築いています。

しかし、オリコにはペットローンはなく、使途が自由な多目的プランを利用することになります。

ペットショップがオリコと提携している場合、多目的ローンに申し込むことになりますがオリコの審査は非常に早いので、その場で審査に通ればすぐに契約することができます。

申し込める年齢は満20歳以上からで、金利は6.0%から13.2%、担保や保証人は不要で、借入可能額は10万円から300万円までとなっています。

なお、オリコからの借金が50万円を超える場合や他社からの借入れと合計で100万円を超える場合は所得証明書の提出が求められます。

大手ショッピングサイトを運営している楽天ですがペットローンと言う商品は取り扱っていません。

楽天銀行には使い道に制限がないカードローンがあるのですが他には目的型ローンとして、ブライダルローンなどがあります。

銀行の目的型ローンは使途は限定されるものの内容に関しての規定ないといのが一般的なのですが楽天銀行の場合はブライダルローンはブライダル専用というように使い道も限定されています。

楽天銀行のサイトには、ブライダルローンなど同じ項目で自動車ローンも掲載されていますがこちらは通常のカードローン(楽天スーパーローン)扱いになります。

楽天銀行では、ブライダル、トラベル、教育以外のローンは通常のカードローンということですのでペットローンにこだわる必要はありません。

ペットローンは銀行のローンが2社あり、その他の銀行や信販会社、消費者金融などは多目的ローンとか目的別ローンというように使途を限定する目的で金利を抑えた商品を提供しています。

金利は銀行のペットローンが一番低く、次いで信販会社、消費者金融となっていますが審査の厳しさは低金利なローンほど難易度があがると言われています。

また、同じ金融機関でも使い道が制限されないフリーローンもありますが、使途が限定された低金利にしたローンの方が審査は厳しいと言われています。

つまり銀行のペットローンはローンの中でも一番審査が厳しいことが予想されますから審査に通らないという人は、同行のカードローンに申し込んでみてはいかがでしょう。

また、銀行カードローンは信販会社のペットローンの審査基準は同程度という話もありますから双方の金利を比べて、金利が低いローンを利用するというのもアリだと思います。