スプレッドとは?

金融取引用語の中に、スプレッドというものがあります。

FXの話題で良く見られる単語の1つですが、ではスプレッドとはいったいどういうものなのでしょうか。

基本的な単語であるとはいっても、それだけに自分なりの解釈をしている人もたくさんいます。

スプレッドとはいったい何なのか、再確認してみてください。

スプレッドとは簡単にいうと、FX業者の実質外貨売買手数料のことです。

手数料が安い方が当然利益を出しやすくなっているので、スプレッドが低いFX業者を多くの人が探しているのです。

実質外貨売買手数料といっても、FX業者を利用するときの手数料とは異なります。

このことを注意しておかないと、余計な損をしている可能性があります。

例えば2つのFX業者を比較した時、Aという業者よりもBという業者の方が手数料が高いという状態です。

この段階では、Bという業者よりもAという業者を利用した方が良いという人がほとんどです。

しかしスプレッドを見てみると、実はBという業者の方がお得だということもあります。

取り扱う通貨量が大きくなればなるほど、この差は顕著になります。

FX業者を選ぶ時には、こういう部分にも注意しなければいけません。

FX業者を選ぶ時の基準は、人それぞれです。

しかし一部分だけを見て決めている場合、大事なことを見落としている可能性があるのです。

そのようなことが起こらないように、比較する時にはしっかり注意して、自分にとって最良のFX業者を選ぶようにしましょう。

FXスプレッドについてまとめてみた